個別性の高い結婚式

結婚

親が昔のように盛大で格式ばった結婚式を望んでも、両家が披露宴のことで揉めたり高い金額を支払うような、面倒なことはしたくないというのが、今の子どもたちです。
自分たちで決めた結婚式の方が、画一されたルールにとらわれず、こだわりを持って結婚式を行えるため、人気が出てきています。
ホテルや格式ある結婚式場で行いたい場合でも、ホールを一角仕切って少人数に対応しているサービスもあるため、それぞれの個性にあった結婚式を挙げることができます。

現代の結婚式事情は

結婚式場で

最近のホテルなどの結婚式場は厳しい状況になっています。
結婚する人が減っているだけでなく、結婚式にかける費用と、参加する人数も減っているため、披露宴自体が縮小傾向にあるためです。
最近の結婚適齢期にある男女は、バブル時代を過ごした親とは違い、つつましく身の丈に合った生活を好む傾向にあります。
友人も少なく、会社の上司や親戚との付き合いも最小限という年代ですので、大人数集めて派手に行う披露宴は彼らのスタイルに合いません。

現代っ子のスタイル
代わって出てきたものが、格安結婚式、少人数結婚式という現代のスタイルに合った形の結婚式です。
結婚式場もそれに合わせて、パーティーが出来るレストランやイベント会場を提供する会社が参入するようになってきました。
昔の結婚式場での披露宴というと、ホテルの厨房で作られた高級料理がテーブルに運ばれてくるものでしたが、今の子どもたちはケータリングという料理提供スタイルに慣れているため、結婚式に格安の出前料理を頼むことも多くなりました。

少人数のメリット

結婚式

少人数結婚式のメリットは、招待客と新郎新婦の距離が近いので、気楽に過ごせるところです。
立食のカジュアルパーティーなので、着席のパーティーより自由に動けます。
招待客と新郎新婦の目線も近くなりますので、感謝の気持ちやお祝いの言葉を近い距離で伝えることができます。
雑談も叶いますので、自由に言葉が飛び交う、温かみのある結婚式になります。
スタッフもあまり介入しませんので、少人数結婚式はプライベートな空間を演出できます。

プラン内容が簡潔
また、格安結婚式がかなう理由はほかにもあります。
挙式プランの内容がシンプルということです。
会場代・牧師代を含めた挙式費用・食事代・司会者代などの簡潔な内容です。
お色直しのドレス代・介添え代・、新郎新婦が必要と感じるサービスはオプションとして付け足せるようになっています。
その分、新郎新婦が自身で用意するものや手間も発生しますが、自分たちらしさを演出することができます。
そこには、少人数結婚式だからこその気安さもあります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031